人気ブログランキング | 話題のタグを見る

業界の一部では死んだことになってるそうですが


by Count_Basie_Band
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

もうすぐ花見だ!

よほどの役者かワルでないかぎり、自分は「No」と思っているに強制的に「Yes」と言わされる場合、その本心は顔や目の動き、声のピッチなどに現れます。

「これで公約は果たされたと思います」とテレビカメラに向かって話した桝添の本心は丸見えでした。彼は厚生労働大臣に就任したときから「5,000万件の浮いた年金の解明を3月までに終わらせる」というアベシンの公約は「役人にハメられた」ものだと確信していたはずです。フツーの社会人なら誰だってメチャクチャな話だと思うはずであり、桝添もフツーの人間だったと思います。別に彼を可哀想とは思いません。法的には国会議員は「独立事業者」ということになっているが実は「宮仕え」に過ぎないことを国民の前で証明しただけです。

これを受けて鳩山の兄貴の方、民主党のあのアホは「これで公約が果たされたと思う国民は何人いらっしゃるでしょうか」とマジメくさった顔でほざきました。

バーカ!
「3月に終わると思っていた国民はほとんどいらっしゃらないと思います。自民党のやることはこんなもんです。皆さんの予想通りです」と言って冷笑、あるいは呵々大笑すれば多少は受けるのに...

先ほど桜並木を歩いてきたら、ツボミが大分膨らんでいました。
花見時には、永田町のアホ共を肴に大騒ぎしましょう!
# by Count_Basie_Band | 2008-03-15 15:53

月刊『文藝春秋』から

今売られている月刊「文藝春秋」四月号の330ページに「名医に問う」連載の2回目が載っています。
今回の「名医」は精神科医の「岩波明」という人です。
数々の精神病院で臨床医を務めた後、現在は埼玉医科大学精神医学教室准教授です。

著書もいくつかあり、いろいろなところで話したり書いたりされているようですが、私がその発言に接するのは今回が初めてです。ネットで検索してみると、おどろおどろしい病的殺人を描写したり、患者の実名を明かしたりすると言う悪評も見られます。要するに毀誉褒貶相半ばする人物でしょうか。

今回の特集のタイトルは「うつ病50問50答ー患者と家族の心得」です。冒頭部分で目を引くのは「一般的にうつ病は、精神科の病気と認識されていますが、精神的な面だけではなく、身体的にも内的なエネルギーがある限界点を超えて低下した状態であり、全身的な疾患と考えることが必要です。...」
この指摘は経験者として世間一般に強く訴えたい点であり、患者や家族の中にもこの認識が不足しているような人を見受けるので注意を喚起したいと思います。「頑張ろう」と思っても身体がいうことを聞かないのです。

うつ病に典型的な性格、なりやすい性格としては
「うつ病の病前性格として代表的なものに『執着気質』と『メランコリー親和型性格』があります」として特徴が列挙されていますが、内容はこれまでに私が紹介したモノとほぼ同じです。要約すれば、前者は「完全主義者」、後者は「摩擦を避けるタイプ」です。

私が特に注目したのは
「...甲状腺機能障害や膠原病、糖尿病、狭心症などの虚血性心疾患の場合にしばしばうつ病がみられます」
という記述です。
これまで私は自分の症状について「内分泌腺」とぼかして来ましたが、具体的には「甲状腺機能低下」です。そしてこの「岩波論」では、併存は指摘されていますが因果関係の説明はありません。私の場合は2007年春頃から睡眠、食欲に変調が現れました。そしてパニック障害の発作が現れました。次に悲しく、気分が晴れず不安が強く、将来に対して悲観的となりました。50年以上1日も欠かしたことのなかった酒も喉を通らなくなりました。そして思考力や判断力、注意集中力が落ち、行動が全般に遅くなりました。

私の周辺の人たち、本ブログを続けてご覧になっていた皆さんには感じられなかったかも知れません、そこが「執着気質」なんですね。

私に甲状腺機能低下が発見されたのは2008年2月になってからです。それまでは甲状腺の検査をしていなかったのです。もし、2007年の春から夏にかけての段階で甲状腺を調べ、向精神薬に加えて甲状腺ホルモンを投与していれば事態の展開は変わっていたかも知れません。甲状腺ホルモンを服用するようになってから状態は日に日に良くなっているのです。
しかし「2007年の春から夏にかけての段階で甲状腺を調べていれば...」はあくまでも推測、仮定です。

そして日本の関連分野で臨床医療に従事している医師たちの環境を考えると、これまでに接した医師たちを責める気もありません。
岩波医師によると
「諸外国にくらべると、日本で認可されている薬の種類は非常に少ないのが現状です。選択の幅が限られていて、一時最もシェアの高かったSSRIであるプロザックも日本では使えません」

医師たちの経験を共有する系統だった情報流通システムも存在せず、お医者さんたちは自分のブログで発見や体験を発表しているだけです。そして今日もうつが悪化して自殺する人がいるでしょう。

業者からの「謝礼」と「天下り」しか頭にない官僚が支配する国では避けられないことです。
# by Count_Basie_Band | 2008-03-11 10:07

チョット再発

入院するぞ!と気合いを入れて出かけたのは3月3日でした。結局入院はしませんでしたが痛風の痛みはその日のうちに消え始め、3月6日に定期検診を受けたときには身体のどこにも苦痛はありませんでした。「狭心症」はやはり「2月29日スペシャル」だったようです。

ところがその翌日、7日の夜から短時間覚醒が再発しました。
熟睡用の薬はずっと前にやめ、導眠剤も前回の検診から1種類だけに減らされましたが入眠が遅くなったと今回告げたら2種類に戻されました。7日の午後8時半にその2錠を飲んで横になりましたから眠りに入ったのは9時半頃と推定されます。そして目が覚めて時計を見るとまだ11時半!
1時間ばかり目を閉じていましたが眠れません。そこで、以前貰ったまま残っていた頓用の導眠剤を飲みました。この夜は同じことをもう一度繰り返しました。
その翌日、つまり昨晩は3回目の覚醒時に頓服を飲んでもついに眠れず、そのまま起きてしまいました。

昨年夏に短時間覚醒に襲われたときは妻が入院し、私はパニック発作に襲われてドタバタしていましたが、今回は単に眠れないだけです。睡眠不足でボーっとして食欲その他積極的な気分が欠如しているだけで何の苦痛もありません。

原因らしきことを推理してみると、1994年生まれのコイツ↓が先日来元気がなく、1階の動物病院で精密検査したら心肥大、不整脈、雑音、脾臓肥大、そして膀胱に腫瘍。
年齢が年齢だけに全身麻酔での手術は不可能。
3日間入院して対症療法を決めました。心臓疾患の薬は私が飲んでいる「血管拡張&強心剤」と同じです。
劇的な改善は望めません。客観的に見れば年齢に不足なし、でしょうが、生後30日、野ネズミより小さいときにブリーダーから引き取って育てたヤツだけに....
チョット再発_b0091493_15223627.jpg

コイツ↓も気配を察しているらしく、常ならぬ状態です。
チョット再発_b0091493_15223261.jpg

今回の問題で獣医師からいろいろ教わりましたが、イヌに「狭心症」があるかどうかは聞きそびれました。

某第一野党の頂上に飾られている人物が、自民党の若番頭だった頃から重大な場面に姿を見せないのは、必ず「狭心症」が起きるからだというのは、報道はされていませんが永田町方面からの風が知らせてくれました。精神科医の世界では知らない人はいないそうです。
自分が襲われてみて気が付いたのですが、救急車で病院に運ばれて検査しない限り、「狭心症」の発作というのはじっとして苦しそうな顔をすれば良いのですから、演技は簡単ですね。各種痙攣や脳卒中の人事不省とは違います。

演技可能な持病を持つというのは、影響力ある地位に就く人には不可欠の武器かも知れません。
# by Count_Basie_Band | 2008-03-09 15:25

興味津々

今日、午前中一杯掛けて最近2週間の痛くて辛い日々を内科と精神科の双方で総括して貰ってきました。
突然の内分泌腺(甲状腺)の機能低下から度重なる狭心症と痛風に至った一連の流れの原因は、やはり、ストレスしか考えられないようです。服用している薬品を全部調べましたが、これらの症状につながるものは使われていないとのことでした。となるとストレスしかない、というわけです。
しからばストレスとは何か。これがまたわかりません。森羅万象、何でもストレスになり得ます。

分からないから取りあえず「ロス疑惑蒸し返しの成り行き」が気がかりだから、ということにしておきましょうか。

サラリーマンを止めて一人で英和和英翻訳業を始めた頃、バブル経済が崩壊しました。報道関係や翻訳なんてショーバイは、とにかく世の中が揺れると仕事が増えるのです。プラスだろうとマイナスだろうと、どちらでも良いのです。

それらの注文の中で、気の毒とは思うこともあったけどありがたかった仕事にアメリカでの裁判に関する翻訳がありました。景気が良かった頃にアメリカの不動産に投資した成金企業が一斉にそうし物件の処分に出ました。当該不動産にどのような権利関係が発生しているかを確認しないまま叩き売ったケースが少なくありません。
何しろ訴訟大国ですから、次々と裁判になりました。そして敗れた日本企業が敗訴の原因を分析するために、弁護士との対話や検察の取り調べの録音テープを翻訳するよう依頼してきました。「テープ起こし」の会社が音声を文字に変え、その文字を私が日本語の文字にするのです。当該日本企業の代表者や通訳の話す日本語はカタカナになっているので私が漢字かな交じり文に書き換えます。

3件ばかり手掛けて、敗訴企業の間に例外のない共通点があるのに気付きました。
代表者が各企業独自の略語を使い、通訳が理解できずに質問しても元の単語を知らないから答えられないこと、そして「~させていただきます」「~やらせていただきました」などの奇妙な謙譲語(?)を連発することです。
アメリカで日本語の法廷通訳を務める人は、大抵、日系の四世、五世、今なら六世も現れているでしょう。父母、祖父母、曾祖父母に日本語を教わり、さらに大学で系統立った日本語教育を受けています。彼等が教わる日本語は正しい、見方によっては古い日本語です。組織団体役職に敬称を付けたり、「~させていただきます」「~やらせていただきました」という奇妙な「謙譲語」を使わない「堅気」の日本語です。
一方、被告企業の代表者は組織団体役職に敬称を付けたり、「~させていただきます」「~やらせていただきました」という「謙譲語」を使うのが礼儀正しい日本語だと確信し、法廷への敬意を表するため一所懸命「謙譲語」で話します。
通訳が理解できずに質問しても同じ言葉を繰り返します。通訳は相手に催促され、仕方なく「逐語訳」に逃げます。「~させていただきます」「~やらせていただきました」という謙譲語の英訳に「使役動詞」を使ったりします。その結果、原告の主張との間に大きな隔たりが生じます。
かくして日本企業は敗訴してしまうのです。

三浦和義という人物は大企業のサラリーマン経験がないからか、あるいは性格からか、あまりりひどい「謙譲語」は使わないようです。さらにサイパンで最初の通訳を排除したように、通訳の英訳を聞き取るだけの英語力はあるので通訳のせいで惨めなことにはならないような気がするのですが....。
# by Count_Basie_Band | 2008-03-06 16:29

急告!!

もう一歩も歩けなくなりましたので、今から入院します。

診断を受けるのは整形外科、内分泌科、循環器科になるでしょうか。

とにかく、また中断!

I shall return!


個室が予約で一杯の上、血液検査の結果を見て内分泌の大ボスが「甲状腺の機能低下も痛風も3日ぐらいで急に出たモンだから、内服で叩くだけで十分。入院の必要なし。狭心症もおしまいだろう」と宣言されてションボリ(笑)帰ってきてしまいました。

脚の方はついに一歩も歩けなくなったのですが「痛風だったのです。
前回の血液検査で、掛かり付け医が1週間以内に尿酸ももっと上がりそう、と予言しましが、この激痛はその痛風による関節炎でした。

お騒がせしました!っと。
もう脚の痛みは引いてきました。スッゲエ薬があるモンですねぇ。
# by Count_Basie_Band | 2008-03-03 07:26