「ほっ」と。キャンペーン

業界の一部では死んだことになってるそうですが


by Count_Basie_Band
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

何と?

今病院の先住民から電話があり、彼女は本日退院、その結果「空室」となる個室に私が入ることになりました。
今朝の雨は何の涙でしょうか。

ご心配くださった皆様にとりあえずお知らせします。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-08-23 08:41

更新中断

朝青龍騒動を先導するつもりではありません。

騒動が始まる前に兆しが現れていた「不安神経症」が激化し、睡眠時間1時間、固形食物摂取不能、1日数回不安発作が3週間続いているので8月23日(木)に入院することになりました。

期間は不明ですが、生還したらブログの更新を再開します。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-08-22 06:43

三本立て興行

朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のメルマガ「笑える英語」シリーズ。今回はお盆興行三本立てです。筆者は相原さん。
***********************
■□ 第85回
□■ 本日のお題:お笑い3連発

今回は「Top Jokes Around the World」ということで、ジョークの世界旅行をしてみたいと思います。

国別のトップジョークの中から北アイルランド、スコットランド、イングランドの順でご紹介します。


★★ 1) Top Joke in Northern Ireland
     これ以上に悪い知らせって、世の中にアリ?

A doctor says to his patient, "I have bad news and worse news."

"Oh dear, what's the bad news?" asks the patient.

The doctor replies, "You only have 24 hours to live."

"That's terrible," said the patient. "How can the news possibly be worse?"

The doctor replies, "I've been trying to contact you since yesterday."


★【注と和訳】

How can ... possibly ~
「どうやって~できるんだ、~なんてあり得ない」

(医者が患者に言います。「悪い知らせと、もっと悪い知らせがあります」「えーっ! 悪い知らせとは何ですか?」と患者が尋ねると医者は、「あなたはあと24時間しか生きられません」と答えます。

「最悪だ!もっと悪い知らせなんてありえないでしょう?」と患者。

医者の答えはこうでした。「昨日からずっとあなたと連絡をとろうとしてたのですよ」)



★★ 2) Top Joke in Scotland
     眠るように楽に死ぬ法

I want to die peacefully in my sleep like my grandfather.

Not screaming in terror like his passenger.


★【注と和訳】

in terror 「恐怖で」

(私は祖父のように眠りながら穏やかに死にたいと思っています。彼が乗せた乗客のように、恐怖で泣き叫びながらではなく)



★★ 3) Top Joke in England
     ほんとうに殴りたいのはアンタだ!

A woman gets on a bus with her baby.

The bus driver says, "That's the ugliest baby that I've ever seen. Ugh!"

The woman goes to the rear of the bus and sits down, fuming.

She says to a man next to her, "The driver just insulted me!"

The man says, "You go right up there and tell him off ― go ahead, I'll hold your monkey for you."


★【注と和訳】

the rear of the bus 「バスの後部座席」

fuming < fume 「怒る」

insult 「侮辱する」

tell ~ off / tell off ~
「~を叱る、~に怒りをぶつける」

right up 「すぐ」

(子供を抱いた女性がバスに乗ると、バスの運転手は「ゲッ!こんな醜い赤ん坊、見たことがない」と言います。

女性は後部座席の方に行くと怒りながら座り、隣の男に言います。「運転手に侮辱されたわ!」

すると男は言います。「すぐ行って抗議しなさい、さあ。このサルは私が抱いててあげるから」)


★【笑いのツボ】

1)昨日から連絡を取っていたということは…
(24-X)時間しか残っていない!

2)飛行機なのかバスなのか知らないけれど、居眠り運転していたお爺ちゃんは楽に死ねたことでしょう。

3)運転手は「醜い赤ん坊」と言った。隣の男はサルだと言った。文句を言うべきはアンタにだよ!

┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
┃▼┃┃余┃┃談┃┃▼┃
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛

とくに英国系ジョークにはシニカル(cynical)なものが多くあります。

昔、アイルランド出身の劇作家バーナードショー(George Bernard Shaw、1856-1950)が、英国のチャーチル首相(Winston Leonard Spencer Churchill、1874-1965)宛てに自分の劇の招待券を送り、次のようなメモを付けました。

"I would be honored if you would come up with your friends, if any." (お友達とぜひご一緒に。もし、いれば)

このメモにチャーチルはこう返答したとのことです。

"I would be glad to come, if still run."
(喜んで出かけます。まだやっていれば)

二人とも、かなりへそ曲がりですね。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-08-15 07:40

ゾッとする現実

「朝青龍問題」で驚くのは「精神力あるいは稽古で克服しろ」、「親方が腹を割って話せば...」、「そんな心優しい横綱だろうか」といった言葉が飛び交うことだ。

「心優しい人」が「ストレス症候群」になるとは限らないし、ましてや「精神力」で「病」を予防あるいは治療できれば、世の中、それほど楽なことはない。

特に「抑鬱状態」にある人に「精神力」を求めたり、精神科医ではない人が腹を割って話そうとしたりするのは極めて危険であるということは、少なくとも先進国の成人なら誰もが心得ている常識だと私はずっと思ってきた。
ところがそうではなかったようだ。

学生時代は一種の格闘技で外国遠征も経験し、決して「心優しく」はなかったのに「鬱」で長期入院している家族を持つ身としてはゾッとする現実である。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-08-10 15:34
朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のメルマガ「笑える英語」シリーズ。今回の筆者はお馴染みの「豊田」さんです。
***********************
■□ 第84回
□■ 本日のお題:ブタは豚でも……

ブッシュ人気の低迷ぶりは目を覆うばかりです。さすれば、
次のジョークに共感をおぼえる方は多いはず。

            ★

ある日、ブッシュがお付の運転手とともに田舎道を走って
いたところ、ブタをはね殺してしまいました。

ブッシュは、「飼い主のところに行って、事情を説明して
来い」と運転手に命じます。さて1時間後、運転手は片手
にワイン、片手に葉巻を携え、ヘベレケになって戻ってき
ました。

「いったい、どうしたというのだ?」とブッシュが問いた
だしたところ、運転手の答えは……


"Well, the farmer gave me the wine, his wife gave me

the cigar and his 19-year-old daughter made mad passionate

love to me," said the driver.

"My God, what did you tell them?" asks Bush.

The driver replies, "I'm George Bush's driver, and I

just killed the pig."


★【語句と訳】

make mad passionate love 「狂ったように愛する」

(「いやあ、農夫がワインをくれ、その女房が葉巻をくれ
まして。おまけに、19歳の娘が狂ったように愛してくれた
んですよ」と運転手。

「そりゃ、驚きだ。で、キミは連中に何と言ったんだ?」。
運転手はこう答えました。「ジョージ・ブッシュの運転手
だが、たった今、ブタ野郎を殺しちゃったのさ」)


★【笑いのポイント】

the pig がポイント。pig には「嫌な奴、最低の奴」の意
味があります。

一家は「運転手があの悪名高い最低野郎(ジョージ・ブッ
シュ)をついに殺(や)ってくれた」と誤解し、家族総出
で祝福してくれたというのが事の経緯(いきさつ)です。


★【余談】

pig が俗語で「警官」を指すことはよく知られています。
1911年に英国で初めて使用例があり、米国では1848年に最
初に使われたといいます。

しかし、20世紀までに「警官」という意味では両国で完全
に死語になっていたのですが、1960年代の米学生たちの反
体制運動で復活し、以来どの字引にも載るほど、すっかり
市民権を得ました。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-08-08 04:39
政治資金の使途について1円から領収書を公開するなんてアホな議論が展開され、民主自民の双方に賛成する議員がいる。
国会議員で民間企業の経営管理に携わった経験のあるヤツはあまりいないから、彼らがこんな素っ頓狂な話をするのは理解できる。
しかし、新聞社やテレビ会社から給料を貰っている民間人までもが賛成だという。

民間ができることを政治家ができないわけがない!

嘘吐け。民間ではそんなことはできないよ。
民間企業で最優先の関心事は「採算」だ。
ネコババされても誤魔化されても、その監視検出にもっとコストが掛かるなら目をつむる。黙認する。
しかも、全役員従業員がネコババするわけではない。
だから放っておくのが企業の収益につながる。

民間人はもっと利口だ。国会議員のようなアホなことをやっていては食っていけない。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-08-04 15:22

どっちでもいいだろう?

朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のメルマガ「笑える英語」シリーズ。しばらく中断していましたが復活しました。今回の筆者は「豊田」さんです。
***********************
■□ 第83回
□■ 本日のお題:牛肉か鶏肉か?

食品の偽装問題が世間を騒がせていますが……
ジョークの世界にもしっかり偽装問題があります。

ある男が昼食を食べようと小さなレストランに入りました。
ところが、出された料理が気に入らず、ウエイターを呼びつけて文句を言いました。

"Waiter, is this chicken pie or beef pie?"

"Can't you tell the difference?" asked the waiter.

"No!" said the man.

"Then does it matter?"


★【語句と和訳】

tell the difference 「違いが分かる」

matter 「重要である」

(「きみ、これはチキンパイかねビーフパイかね」「違いがお分かりになりませんか」とウエイター。「分かるもんか!」「じゃあ、どうでもいいじゃありませんか」)


★【笑いのツボ】

客はおそらく、ビーフパイを注文したのにチキンパイらしきものを食べさせられ、嫌みを込めて「ビーフパイかチキンパイか」と尋ねています。

しかし、ウエイターもさるもの、客の言葉を文字通り受けて、「違いが分からないのなら、問題はないでしょう」と答えているところが笑いを誘います。


★【ちょっとウンチク】

レストランのジョークでは料理に文句を言った客がウエイターに逆襲されるというのが定番です。

このジョークでは、確かにウエイターの言うとおりですが作り話なのでホっとします。


★【談話室】

このジョークで思い出すのは "Truth is stranger than fiction."(事実は小説より奇なり)ということわざです。

上のジョークは作り話(フィクション)で、例の牛ミンチ偽装事件のあと作られたものではありません。

しかし、フィクション作家が思いつきそうもない事実が次々と判明する今日この頃です。

当号の担当は豊田でした。


∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥ pick up! ☆

お騒がせセレブのパリス・ヒルトンが
『CNN ENGLISH EXPRESS』9月号(8月6日発売)に登場!

独占インタビューができたのは CNN(ラリー・キング・ライブ)だけ、読んで、聴けるのは『CNN ENGLISH EXPRESS』だけ!

ナニをしゃべるか、要チェックの保存版インタビューです!
http://ee.asahipress.com/

☆ pick up! ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∵‥


▼▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
執筆者紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

● 宮本倫好(みやもと・のりよし)
神戸外国語大学卒業。コロンビア大学大学院修了。産経新聞ロンドン、ニューヨーク特派員などを経て文教大学教授。
国際学部長、副学長を経て現在名誉教授。元日本時事英語学会長。英語関連著書多数。「英語のジョークを楽しむ会」の代表世話人。

● 相原悦夫(あいはら・えつお)
青山学院大学卒業、インシアード・ユーロアジアセンター履修、ドッドウエル/インチケープ日本勤務(40年間)、ドクターシーラボ勤務(2年間)、JM&C顧問、Synergy International Ltd. Hong Kong 在日代表、キナバルハイランドクラブ会員

● 佐川光徳(さがわ・みつのり)
旅行会社・出版社・大学事務局と、いずれも英語に関わりのある仕事に従事してきた、英語好きのリタイアード。国際謀略ミステリー小説ファン。大塚英太郎名による『英単
語パズル』(南雲堂)、『英語クロスワード博士』(創元社)、などの著書あり。

● 豊田一男(とよだ・かずお)
東京教育大学文学部卒。静岡県、東京都の公立高校、筑波大学附属高校、筑波短期大学、筑波女子大学を経て現在筑波学院大学教授。著書:『ニュースクール英和辞典』(共著)、『トリム英和辞典』(編者)、『英語しゃれ辞典』(以上研究社)など。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-08-01 04:41