業界の一部では死んだことになってるそうですが


by Count_Basie_Band
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

シツコイのは嫌いっ!

行政が道路やハコモノを作るとき、建築コスト、回収期間、利用料を設定し、そこから利用者数を算出するのが当たり前になってから随分歳月が経ちましたが、この「利用者数」というデータは「捏造」には当たりませんよね。
例によって『広辞苑』を参照すると「捏造」は
**********************
事実でない事を事実のようにこしらえて言うこと。
**********************
とあります。
上記の「利用者数」ではまだ「事実」が発生していないから、やはり捏造ではないのです。
しかしなんか変ですよね。

では「メタボリックシンドロームの目安」として厚生労働省が示した「男性で胴回り85センチ」はどうなんでしょう。
「目安」だから好い加減でいい?
あぁそうですか。

とにかく、行政機関の数字、データに対する態度がこうなんですから、たかが商業テレビのデータの扱いが好い加減、デタラメだからっていつまでも騒ぐこたぁネー!っと思うんですがね、あっしは….

どうでもいいことにシツコイのは嫌いなんだよ。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-28 17:00

衣食足りずとも...

「衣食足りて礼節を知る」という言葉は国民学校に入る前に父から教えられたように思います。
「衣食」は着ることと食べること、転じて「身過ぎ世過ぎ」「暮らし」「口すぎ」、つまり「生計」です。
「礼節」は「礼儀と節度」です。

『広辞苑』には下記のように説明されています。
**********************
[管子(牧民)「倉廩実則知礼節衣食足則知栄辱」]民は、生活が豊かになって初めて、道徳心が高まって礼儀を知るようになる。「衣食足りて栄辱を知る」とも。
************************

近年、日本の社会では人々の生活が豊かではなくなってきました。この事実を否定する人、否定できる人はいないでしょう。ただし、政治の最高責任者だけは肯定を避けています。
同時に、日本の社会は「礼節」を失ってきました。この事実を否定する人、否定できる人はいないでしょう。ただし、政治の最高責任者だけは肯定を避けています。
管子(牧民)に従えば当然の結果なのですがね。

そこへ日本の為政者が提唱してきたのは「教育の再生」という政策です。
「教育」を『広辞苑』で引くと
**********************
教え育てること。人を教えて知能をつけること。人間に他から意図をもって働きかけ、望ましい姿に変化させ、価値を実現する活動。
*********************
とあります。
「意図をもって働きかけ、望ましい姿に変化させ」ることなのです。

そして「再生」には
**********************
(1)死にかかったものが生きかえること。蘇生。復活。
(2)再びこの世に生れること。再誕。
(3)精神的に生れかわること。信仰に入って新しい生活をはじめること。新生。
(4)〔生〕失われた生物体の一部が再び作られること。動物では、脱落していく表皮が常に新生するような生理的再生と、切断したイモリの肢が再び形成されるような病理的再生とがある。
(5)〔心〕(recall) 以前に経験した事象や、学習し保持した事柄・内容を思い出すこと。想起。
(6)廃物を原料として、同質の物を作り出すこと。更生。「故紙を―した紙」
(7)音声・映像を録音・録画しておいて再びもとのまま出すこと。「ビデオを―する」「―装置」
**********************
と並んでいますが、「教育の再生」の「再生」は、多分、(1)でしょう。
「日本では教育が死にかかっているから復活させる」ということのようです。

以上をまとめると、

日本では衣食が足りなくなり、礼節が失われてきたけれど、それは放置して「意図をもって働きかけ、望ましい姿に変化させる活動は復活させなければならない」

となります。
「望ましい姿」とはどんな姿なのでしょうか。
「ヒトラーのドイツ?」「スターリンのソ連?」「毛沢東の中国?」「キム父子の北朝鮮?」
いやいや、他の政策と平仄が合うのは「軍国ニッポン」です。
「礼節」はどうでもいいから、もう一度日本人をマインド・コントロールして「軍国ニッポン」を復活させるのです。
何とも美しい!
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-28 16:31

またまた「お国柄」

朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のメルマガ、また「お国柄比較」です。
**********************
□■ 本日のテーマ:Japanese Style(日本方式)

イギリス人、フランス人、日本人、アメリカ人の会社社長
が、国際ビジネス会議に出席する途上、テロリストに誘拐、
拉致されました。

「お前たちはわれわれの敵だから処刑する。その前に、一
人ずつ最後の願いを聞いてやる」というテロリストの言葉
に、まず英国人は国歌 "God Save the Queen" を歌いたい
と言います。

フランス人は国歌 "La Marseillaise"(ラ・マルセイエーズ)
を歌いたいと言います。

さて、日本人とアメリカ人は???

The Japanese said, "Before I die, I wish to honor my
country by giving the lecture I was going to present
on the Japanese style of industrial management."

The terrorist turned finally to the American. "What is
your last request?"

The American replied, "I want you to kill me right now
so I don't have to listen to another lecture on the
Japanese style of industrial management!"


★【語句と和訳】

honor my country by ~
「~することによって自分の国に敬意を払う」

Japanese style of industrial management
「日本型の企業経営」

(日本人は「死ぬ前に、わたしが行うはずだった、日本型
の企業経営に関するレクチャーをして故国に敬意を払いた
い」と言いました。

テロリストは最後に米国人に向かい、「キミの最後の願い
は何だ?」

すると米国人はこう答えました。「わたしを今すぐここで
殺して欲しい。そうすれば、日本型の企業経営について、
あらためてレクチャーを聴く必要がないからね」)


★【笑いのポイント】

バブルを克服した日本経済に世界が再び注目しており、日
本車に代表される製品の優秀さと効率的な経営に、日本人
も自信を深めつつあります。

そのとばっちりを受けているのがアメリカの経営幹部たち。
日本式経営のレクチャーを聴かされることにはいささかう
んざりで、そんなことなら死んだほうがましだ、と考える
経営者が現れても不思議はありません。

このジョークは、そうした現実を見事に皮肉っています。


★【ちょっとウンチク】

Japanese style と言っても、 ここでは「和式トイレ」を
取り上げましょう。本当の「ウン」チクです。

以下は、アメリカ人の手による観光客用の解説です。

          * * *

「和式トイレしかなかったら、 squat(しゃがむ)という
スタイルで、これまで使ったことのない足の筋肉を使わな
くてはなりません。用を足す前に正しい位置を定め、バラ
ンスを取るのです。

終わったら、足がしびれていることが多いので、転ばぬよ
う、急いで立たないことです。

西欧式トイレがあっても、水洗以外の色んなボタンに絶対
触らないこと。日本がハイテク国家であることを、ゆめゆ
め忘れないように!

突然お尻にお湯を吹きつけられ、飛び上がって大声を上げ、
あわてて別のボタンを押して、温風を吹きつけられたとい
う人もいます。「お尻洗浄」「乾燥」という日本独特のア
イデアです。

小の方の音が恥ずかしいという女性のために、消音用の妙
なる音楽が流れ続けるという仕掛けもあり、日本人の巧緻、
繊細ぶりには想像を絶するものがあります。

これが二、三十年前までは honey cart (汲み取り車)が
走り回っていた国であるとはとても思えません」
**********************
筆者は同じ宮本倫好(みやもと・のりよし)さんです。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-24 09:34

おーい、どこ行った?

国会議員の事務所経費問題、ぱったりと報道されなくなりました。
どこへ行ったのでしょうか。

ヤミの世界から威されたのでしょうか。
メディア関係者に現ナマがばらまかれたのでしょうか。

この二つに一つだと思いたくなります。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-22 06:28

謝る必要はない。

今度の「納豆事件」、番組の制作提供側は平身低頭して謝罪している。「データの確認がどうのこうの」と説明しているが、そんな必要はない。
彼らの落ち度はタダ一点、
「当番組は娯楽を目的とするものであり、決して実行なさらないようお願い申し上げます。万一実行され、何らかの好ましくない影響が生じても当方の責任ではないことを予めお断り申し上げます」
というテロップとアナウンスを入れなかったことだけだ。

1.すべての食物は肥満要因である。
2.動物が肥満を解消する手段はただ一つ、「食べない」ことだけである。

この自然の大原則を知らないバカどもに謝罪する必要はない。

ところで英語の「diet」の片仮名表記に過ぎなかった「ダイエット」が、運動の類をも意味する日本語として独立したのはいつ頃からだろうか。
「diet」の語義で日本語の「ダイエット」と共通するのは
2. [countable]a limited range and amount of food that you eat when you want to get thinner
go/be on a diet
Lyn always seems to be on a diet.
だけである。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-21 17:05

社宅と官舎

敏感な方は前の記事の

>安倍昭恵さんの場合も(ii)ですから

に???だったと思います。そうです。彼女の夫は民間人ではありません。だから昔から問題にならないのです。

議員宿舎、公務員住宅は時々話題にされますが、民間と対比される場合が意外に少ないと思いませんか。何か臭いと思われませんか。そうです。臭いんですよ。

実際には非常に細かい基準、細かい決まりがあるのですが、大雑把に言うと民間の会社員の場合は相場の半値を下回る家賃しか会社に払っていなければ、相場の半値との差額が所得に加算され、所得税を取られます。
これは会社として余分な事務作業です。だから民間企業は所得加算が生じないように社宅の家賃を設定しています。

一方、議員宿舎や公務員住宅に同じ計算を適用すると議員や公務員の所得加算は年間数百万、中には1千万に達するケースもあります。したがって所得税は100万から数百万多くなります。しかし彼らについては相場との差額は問われないのです。

人事院という役所が民間の給与と公務員の給与を比較して調整していることになっていますが、この住宅問題は比較の対象になっていません。国民の目がこの点に向かうのを避けるために報道規制しているとしか、私には思えません。

裏を返せば、日本の報道機関なんてその程度のモンです。北朝鮮と大差ありません。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-19 14:09

奥方の出張旅費

安倍昭恵女史のブログが話題になっているようですが、私はダンナの外遊に同行して「これみよがし」を続けている姿に関心を持ちました。この費用もオレが出しているんだなぁ、と。
そして会社員時代のある出来事を思い出しました。

海外の提携先から「創立記念」か何かの祝賀会の招待状が会長夫妻宛に届きました。日本の産業界では会社の行事に関係先の代表を夫妻で招待することは滅多にありませんが欧米では当たり前の慣行です。
そして招待元は最も重要な提携先だったので、もちろん会長は夫妻で出席しました。
ただし「旅費規程」は、役員でも社員でもない配偶者を出張に同行させる場合を想定していません。そこで会長夫人には「取締役」(いわゆる「ヒラ取」)の基準を適用して支出しました。
その経費支出が国税局に否認されたのです。税務上損金算入(経費として利益から控除すること)が認められる旅費はあくまでも役員と社員の分だけだというのです。代わりに国税局は
①夫人の分は「交際費」に計上して会社が法人税を納付
または
②夫人の分は会長への報酬に加算して会長が個人所得税を納付
の何れかを選択するよう要求してきました。

ご存じの方はご存じでしょうが、資本金が1億円を超える企業の場合、交際費の損金算入は認められません。利益とみなされて法人税課税対象になります。社内の会計処理で交際費に計上される支出の領収書提出を義務付けるのは社内規律上の条件であって、対外的には無意味なのです。

余談ですが、個人の確定申告でも領収書があれば何でも経費で落とせると思っている方が多いのにしばしば驚きます。「支出の合理的な必然性を証明」できなければどんなに完璧な領収書があっても否認されます。逆に「支出の合理的な必然性を証明」できれば領収書がなくても経費として所得から控除することが認められます。

さて会長自身は②でいいと言いましたが、会社の税務担当は①で処理しました。①ならば会社を管轄する国税局の徴税実績になります。②であれば会長が確定申告する税務署の徴税実績になります。

つまり会社を管轄する国税局の実績にしてあげる方が会社にとって有利に働くという判断です。

これは20年以上昔の出来事であり、現在では
(i)出張する社員または役員が身障者で介助を必要とする場合
(ii)配偶者の同席が自然である会合に出席する場合
(iii)任務遂行のために言語の補助者として親族を同行させる場合
だけが例外として認められるようになっています。

会長の場合は(ii)に相当し、安倍昭恵さんの場合も(ii)ですから問題にはならないのですけど….
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-18 15:29

今度も「お国柄」

延々と本業に追いまくられ、まるで更新していないのに相変わらず大勢の皆様にお出で頂いているようです。まったく恐縮です。

さて、久し振りで朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のMLがきました。また「お国柄比較」ですが、中国観が古すぎるように私には感じられます。皆様はいかがでしょうか。
**********************
□■ 本日のテーマ:Capitalism, many styles(2)
         (資本主義の国別スタイル:その2)

前回は、「two cows(2頭の牛)」をどう育てるかで、同じ
資本主義でも、国によって違いがあることを見てきました。
今回はその続きです。

A SWISS CORPORATION
You have 5000 cows, none of which belong to you.
You charge others for storing them.

AN INDIAN CORPORATION
You have two cows. You worship both of them.

A CHINESE CORPORATION
You have two cows. You have 300 people milking them.
You claim full employment, high bovine productivity,
and arrest the newsman who reported on them.

AN ISRAELI CORPORATION
There are these two Jewish cows. They open a milk factory,
an ice cream store, and then sell the movie rights.
They send their calves to Harvard to become doctors.
So, who needs people?


★【語句と和訳】

for storing them 「保管料として」

worship 「崇拝する」

bovine 「牛の、鈍重な」

calves  calf(子牛)の複数形

who needs people? 「人間なんて要りますか?」


(スイスの会社:5千頭の牛がいますが、一頭たりとも自
社のものではありません。保管料をせしめるのです。

インドの会社:牛を2頭、所有しています。その牛たちに
祈りをささげます。

中国の会社:牛を2頭、所有しています。乳しぼりの人間
が300人います。 完全雇用で、牛のような高い生産性があ
ると主張します。そのことを記事にした記者を逮捕します。

イスラエルの会社:2頭のユダヤ牛を所有しています。牛
たちはミルク工場、アイスクリーム店を開き、それから映
画の権利を売却します。牛たちは子牛をハーバード大学に
進学させ、医者にします。だから、人間なんて必要ないで
しょう?)


★【笑いのポイント】

スイスの場合、自分の牛は持たず、銀行預金のごとく世界
中の牛を預かり、保管料を稼ぎます。インドでは牛は神聖。

中国は人海戦術で、完全雇用、高い生産性をうたっても、
その実はきわめて非能率的。しかし、その真相を報道する
と、たちまち逮捕。

イスラエルの場合、ユダヤ牛は賢く、牛が自ら色んな事業
をやり、子牛を有名校に行かせて医者にする。人間など出
る幕はありません。


★【ちょっとウンチク】

インドで盛んなヒンズー教では、cow は sacred(神聖)で
す。昔から牛は酪農、農耕に不可欠であったばかりか、cow
dug(牛糞)は家庭の燃料や消毒薬として用いられてきまし
た。小便も宗教的儀式や医薬として役立ててきました。

牛はこのように、何ら見返りを求めないまま、「母のような
存在」として敬われてきたのです。

インドが英国の植民地であった1857年、インド兵は cow
fat(牛脂)が新式銃の紙製の薬莢(やっきょう)に塗られ
ているという理由で、英国兵に対し反乱を起こしました。

当時は紙製の薬莢の端を食いちぎる必要がありましたから、
口にしてはいけない神聖な牛を口にすることにつながりま
す。それで反乱が起きたのです。

牛の屠殺は厳しく制限され、牛をみだりに殺傷した者は懲
役刑に処される可能性があります。

一方、死んだ牛は pariah(最下層民)にかぎり、食用にし、
皮革用に処理することも許されます。また、土地を持たな
い百姓たちは牛を放し飼いにし、牛が地主の土地に入って
も、追い出されることはありません。

こうしたことから牛は、社会的、経済的な格差を緩和する
役目も担っていると言われています。
**********************
筆者は同じ宮本倫好(みやもと・のりよし)さんです。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-17 16:48

新年大予想

元旦から飛ばしたので1月5日締め切り分が終わりました。
そこで臆病かつ不真面目な大予想。

1.予算成立前に大臣のスキャンダルがもう二件発覚し、安倍政権が崩壊する。
大臣のスキャンダルはもう表面化している。野党は相変わらず小学生並みのことしか言わないが自民党内と元自民党が待ってましたと騒ぎ立て、結局はバラバラに割れたまま多党連立臨時政府の下で衆参同時選挙。公明が第一党にはなるが過半数になるはずがない。かくして世界有数の経済大国が迷走し始める。

2.懸案の法案、問題は全部そのまんま。
企業部門はアテにしていた法人税減税が実現せず、税引後収益を維持するため残業代不払い、請負派遣、月給制から年俸制への移行などの手段で労働分配率を一層引き下げる。

3.限りなく続く収入減に白けた労働者たちの「手抜き」が全産業に拡大する。
交通機関その他での点検整備の手抜きは既に始まっているが、コレが各種工業製品の製造検査に広まる。明治維新以後の日本の命綱だった「輸出商品の品質」が信頼を失い、輸出が鈍化し始める。同じ中国で生産されているのに、日本ブランドのPCの品質劣化は、今や目を覆う水準に到っている。検査の手抜きである。

4.輸出製品の品質劣化は企業部門の労働分配率切り下げを加速し、その結果社会の秩序を崩壊させる。
かくして「手抜き」は日本の文化として定着し、教育行政治安といった機能を担う人々にも伝染する。少子化に加えて医療部門の手抜きから若年層の死亡率が高まる。電気水道ガスの供給が不安定になり、鉄道バス航空などの公的交通だけでなく道路の信号も混乱し始める。危険に満ちた社会が生まれる。

5.かくして我々夫婦もイヌたちも交通事故や医療過誤で年内に世を去る。

では皆様、ご機嫌よう。
犯人は、労働に対する報酬と国民負担の不公正さです。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2007-01-04 10:40