業界の一部では死んだことになってるそうですが


by Count_Basie_Band
カレンダー

<   2006年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

災難

私が出た高校は県立だった。
理科は「生物」が必修で、「物理Ⅰ」「物理Ⅱ」「化学」から何れか二つ、社会科は「一般社会」が必修で「日本史」、「世界史」、「日本史」、「人文地理」からいずれか二つが選択だったように記憶する。
だが私は理科の授業に出席した記憶はなく、社会科は「一般社会」と「世界史」しか出席していない。「一般社会」と「世界史」はセンセイが面白かったから出席しただけだ。「物理」「化学」、それに「日本史」は一応選択したが授業には出ていない。
それでも卒業して大学に入ったのだから単位はくれたのだろう。

当時、国立大学はⅠ期とⅡ期に分かれており、旧帝大と、主として県庁所在地にできた通称「駅弁大学」がⅠ期で入試の科目は8科目、各科目のウェイトは同じだったはずだ。だからⅠ期を受験する連中は理科や社会の授業をキチンと受けていた。
Ⅱ期は横浜国立大学、東京外語などで受験科目の少ない大学が結構存在した。それらのⅡ期大学や私のように私立志望の生徒は理科や社会の授業はまるで無視していた。
まして私の第一志望の大学は入試点数の60%が「英語」、「数学」が20%、「国語」と「社会科」が各10%というウェイト付けになっていたから「社会科」は無視して当然と思っていた。かといって無視した学科の時間に英語や数学の勉強をしていたわけではない。
無視する学科が2時間続けば映画を見に行っていた。1時間しかなければ、他の無視組と野球をやったりしていたし、天気が悪ければ図書館で遊んでいた。

そして入試の社会科では「年」や「人名」を暗記するのがイヤだったので「一般社会」を選ぶつもりでいた。しかし試験場で問題を見ると選択もしなかった「人文地理」の方が易しかったので「人文地理」を受験してきた。

高校の授業なんて今でもそんなモノだと半世紀以上思ってきた。
そして、やはり「そんなモノ」だった。
なのに今頃になって問題になった。
誰が最初に問題にしたのか知らないが、バカがいるものだと驚いている。
主として理工系志望者の社会科が問題になっているらしいが、調べれば分かる「年」や「人名」の暗記に時間とエネルギーを使うことの方がもっと重大問題だと思うがエライ人たちはそうは思わないらしい。まったく思考しない単純な暗記の非生産性、無意味さは問題ではないらしい。
教育委員会だか何だか知らないが、要するに行政機構の寄生虫からの問い合わせに正直に答える高校も高校だ。
トボケ通せばいいじゃないか。せっかく半世紀以上トボケ通してきたんだから...

問題にすべきことはもっと他にあるだろう。
例えば「世界史」と「日本史」を分けるのは大きな間違いだと私は半世紀間思い続けている。
「世界史」に統一すべきというのが私の意見である。特定の時代の世界を横断して学ばせるべきなのだ。
現在の「日本史」では天文18年または1549年にフランシスコ・ザビエルがキリスト教の布教のために来日したことは教えるが、その頃のヨーロッパはどういう状況にあったのかは教えられない。その約半世紀前にコロンブスが大西洋を横断して中央アメリカを発見していることは教えられない。
そんな学科の区分、組み立ての方がよほど重大な欠陥ではないか。

卒業まで半年も残っていない子どもたちにはまったく災難だ。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-31 16:15

日本一の疫病神

今朝(10/29)の日経の記事を行間まで読むと、Softbank Mobileのシステムが応答しなくなったのは昼頃からで、原因はDoCoMoとauに乗り換える人たちに関する両社からの照会のように思える。
そして今日(10/29)も昼頃からパンク。

とにかくSoftbank Mobileのコンピュータシステムが処理不能になると、乗換を希望するすべての人々の手続が不能になるのであり、Softbank Mobile側の究極の「脱出阻止策」という邪推(?)も可能。

10月20日付けでYahooBBを解約した友人にはしつこくYahooBBの広告が送りつけられているそうだ。

Softbankグループは、いまや日本一の疫病神。
日本シリーズもワールドシリーズも終わったので、残る最大の楽しみはこの成り行き。

先程最寄りの駅前まで行ったら、広場の露天でYahooBBの申込を受け付けていた。Yahoo側は若い男二人だが、申し込んでいるのも同年輩の連中ばかり。
実は最近、ひょんなことから面白い会社の存在を知った。ITとモバイル関連のショップ専門の派遣会社があるそうな。注文があれば「行列ができる店」の行列要員も派遣するそうな。「給料はまぁまぁですよ」と、教えてくれた青年は言っていた。
するってぇと、申込手続をしていた若い衆は「行列要員」みたいなモンかな。正しく表現するならば「サクラ」ですな。

帰途、もう一度眺めていたらYahoo側の二人は煙草を吸っており、やがて吸い殻をポイ!
ワタシは近寄っていって「おい、ここは禁煙区域だ。吸い殻を拾え」と言ったら知らん顔。
「おい、聞こえへんのか、ワレ」と言ったら一人が「ナニイ」と詰め寄ってきたがもう一人が押しとどめながら「スミマセン」と泣きそうな顔。
当たり前だ。角を曲がったところに交番がある。

b0091493_15474936.jpgよー、腹が立つから何か食いに行こうぜ。


b0091493_1549777.jpg
オレは眠いんだ!
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-29 15:50

乗り換える前に

この週末にSoftbank Mobileへ乗り換えようと思っていらっしゃるなら、その前にtetorayade様が管理していらっしゃる「かきなぐりプレス」(http://tetorayade.exblog.jp/)をご参照ください。「予想外」の仕組みその他が詳細に分析されています。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-28 11:31

今度はクリントン

例の朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のMLから、今度はクリントンです。
**********************
■□ 本日のテーマ:Clinton's lockbox
(クリントンの鍵のかかった箱)

クリントンは、結婚したとき、ヒラリーに「絶対開けない
ように」と言って鍵のかかった箱をベッドの下に置きまし
た。25年後、「もう見せてくれてもいいはず」と思ったヒ
ラリーは、箱の中身を見せてくれるよう夫のビル・クリン
トンに頼みました。

Bill thought for a while and said, "I guess after all
these years you deserve to know the truth. Whenever
I was unfaithful to you I put an empty beer can in the
box under the bed to remind myself not to do it again."

Hillary was shocked to find three cans, but said,
"Hmmm, Jennifer, Paula, and Monica. I am very disappointed
and saddened but temptation does happen and I guess that
three times is not that bad considering the years.
"So they hugged and made their peace."

Then Hillary asked Bill, "So why do you have all that
money, $81,874, in the box?" Bill answered sheepishly,
"Well, whenever the box filled up with empty cans, I
took them to the recycling center and redeemed them for
cash,"


★【語句と和訳】

deserve to know 「知る権利がある、知って当然だ」

Jennifer, Paula, and Monica
(クリントンが浮名を流した女性たちの名)

temptation does happen 「誘惑はある程度避けられない」

make one's peace 「仲直りする」

sheepishly 「おずおずと、従順に」

redeem ~ for cash 「~を現金に換える」


(ビルはしばらく考えて、言いました。「こんなに長い年
月が過ぎたのだから、キミは真実を知る権利があるね。実
は、浮気をする度にビールの空き缶をベッドの下の箱に入
れ、二度としてはいかんと自分に言い聞かせていたんだ」

ヒラリーは缶を三つ見つけてショックを受けましたが、
「うーん、ジェニファーに、ポーラにモニカね。がっかり
で悲しいけど、誘惑ってあるものだし、この年月を考える
と、三回というのはそんなにひどいものじゃないわね」と
言いました。そこで、二人は抱き合い、仲直りをしました。

しばらくして、ヒラリーはビルに聞きました。「ところで、
箱の中にある8万1,874ドルという大金はどうしたの?」。
ビルはおどおどと答えました。 「あのね、箱が空き缶で
いっぱいになると、リサイクル・センターに持っていって、
現金に換えていたんだ」)


★【笑いのポイント】

頭の良さでは歴代大統領の中でも群を抜くクリントンです
が、致命傷は女好きなこと。ほとんど病気だと言われてい
ます。妻のヒラリーがこれまた群を抜く賢婦人とあって、
これをタネにしたジョークは絶えません。

自戒の意味をこめて、浮気1回ごとにビールの空き缶1個
ずつ秘密の箱に収めていたクリントンでしたが、25年後の
ある日、開けてみると空き缶3つ。

3回なら仕方ないかと我慢したヒラリーも、それまでに8
万1,874ドル相当の空き缶の数だけ浮気をしていたと白状
されて……。


★【ちょっとウンチク】

unfaithful は本来「誠実でない」を意味しますが、 夫婦
の間にあっては「貞節でない」すなわち、「浮気した」を
意味する婉曲語法です。faith(信頼、信仰)を語幹とし、
派生語には
・confide  「信頼する」
・defy  「無視する」
・diffident 「自信のない」
・fealty  「忠誠」
・fidelity 「忠誠」
・perfidy  「不誠実」などがあります。

unfaithful が浮気の意味に使われた例に、 ギリシャ神話
の Daphnis(ダフニス)の話が知られています。ダフニス
は彼を愛したニンフを裏切って「誠実でない行為」をしま
すが、復讐としてニンフはダフニスを盲目にします。

ダフニスはその悲哀から、羊飼いの笛で哀調を帯びた歌を
次々と奏でます。後世、ダフニスは牧歌の創始者として崇
敬されることになります。

しかしクリントンの場合は浮気の報いとして数々のジョー
クを後世に残すことになりそうです。
**********************
筆者は同じ宮本倫好(みやもと・のりよし)さんです。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-25 05:52

ワタシ払ってます。

またNHKが問題になっているらしい。
北朝鮮向けの短波放送をやれという総務省の依頼を受けないとか。
向こう岸宛の短波局ぐらい、総務省の一画でも総理官邸でもいいからちょこっと造ってしまえばいいではないか。小銭で足りる。
それを足がかりに政府の広報と非常用の放送局をつくればいいのだ。内容は時の政権の勝手でいいじゃないか。

NHKをどうする?
問答無用で諸機能諸設備諸部門をバラバラにして、外資も参加させて競り売りに掛ければいい。
昔のビデオを再放送してボロもうけしている子会社は真っ先に売れるだろうし、ドラマ、大衆演芸部門も売れるだろう。
スポーツ中継は勿論だ。
売りにくいのはN響ぐらいかな。だったら潰せばいい。
竹中は民営化の検討を提起したが小泉が止めた。ワカラン。

私は、実は42年間、口座引落で受信料を払っている。昔は各家庭のTVの有無は外からわかった。アンテナが立ったら直ちに徴収すればよかった。だから結婚した途端に徴収が始まった。
いまは逆に調べる必要もない。極貧か極端な変人の家庭を除けば全戸にテレビがある。
しかし受信料を払ってないヤツが大勢いる。これはムカツク。

ムカツクんだったらオマエも払うなと言われるが、一旦口座引落に指定したらそれを取り消すのは実に面倒なのだ。
それに私はメジャーリーグ・ベースボール、ゴルフ、ラグビー、アメラグなど、他の民間局があまり手出ししない番組を頻繁に見ている。毎日と言っていい。だから「有料チャネル」と割り切って払っている。金額は「スターチャネル」と同程度だろう。

だが1円も払わずにメジャーリーグ、高校野球、相撲から大河ドラマなどを見ているヤツが大勢いる。ヤッパ、ムカツク。
だからバラして民間放送にしてしまえばいいのだ。有料チャネルにしようがCMで稼ごうが各社の勝手。

すっきりするじゃないの。分解作業も過去の国鉄、電電公社、専売公社から今回の郵政に比べたら簡単だと思う。何しろ儲かる事業なのだから買い手たちに分解作業をやらせればいいんだ。
抵抗する役員職員は刑務所にぶっ込んじゃえ!
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-24 15:40

ポケットの中味

チャチな西洋映画で、コートのポケットに手を入れ、ピストルを構えているように見せて「言うことを聞け。聞かないと撃つぞ」などと脅かす場面を時々目にする。脅された方は、本当にピストルを持っているどうか怪しみながらも本当に持っていたら危ないので言うことを聞く。

今回はドラ息子親分のポケットの中味を確認しないまま親分衆がお仕置きすることを決めた。中にはお仕置きを渋る親分もいたが表面上は何とかまとまった。しかしスッキリしないので大親分が、渋っていた親分衆の許へ腹心の女番頭を差し向けて説得させた。やはり、しっかりお仕置きを実行するかどうかあやふやなままだ。

ッテェところですかな。

大親分(そして大親分の小判鮫)は燃料と食料の提供を絶ち、使いっ走りの末端の子分や民百姓に地獄の苦しみを味合わせる一方で、これまで幹部級の子分たちを繋ぎとめていた贅沢品を入手不能にして幹部たちを問題の二代目親分から離反させる作戦に出た。
寒さと餓えに耐えかねた使いっ走りや民百姓が隣接する他の親分のところへ逃げ出してしまえば組は雲散霧消する。あるいは親分から離反した幹部たちが使いっ走りや民百姓を煽動して一揆を起こさせるかもしれない。

それが狙いであることはハッキリしているが、縄張りの境界線を接する三人の親分衆としては匕首を飲んだ使いっ走りや民百姓が逃げ込んでこられては困る。だから逃げてこられないように金網を張り巡らせる一方で、大親分に隠れてコッソリ燃料や食料を送り込むかもしれない。

特に三人の抵抗派親分衆のウチの二人は力がある上に狡賢い。さぁ困った。

ッテェところが現状ですかな。

ところが世の中には「『売り家』と唐様で書く三代目」という川柳がある。江戸時代にできたものらしい。
初代は艱難辛苦の果てに縄張りを築き上げ組の看板を上げる。二代目は初代の苦労を知っているからあまり派手にはならないが、三代目は豊かに育ち、字は立派に書けるし、流行に遅れず、三味線も弾ける。そして肝心の商売は番頭まかせで、最後は家を売る羽目になるが「売り家」の貼り札を唐様の文字で麗々しく書いて出す。
なお「唐様」とは「江戸時代に流行した明(みん)の文徴明風を主とした書風」と『広辞苑』に説明されている。

二代目には息子が三人ばかりいるようだが、二代目が去った後誰が三代目になるかわからない。しかし、どれも西洋かぶれで組の伝統を守りそうにない。

ポケットに本当にピストルが入っているかどうか探りながら二代目が去るのを待つ手もあるような気がするのだが....
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-24 13:45

血は水よりも濃いか?

タイトな仕事に捉まり、3日も更新をサボってしまった。
ネタがなかったわけではない。池田平太郎さんの「平太郎独白録 親愛なるアッティクス」(http://heitaroh.exblog.jp/)で少しコメントした、「産院で取り違えられた40代男性」の問題がずっと気になっていたのである。

私は「死後の世界の存在を信じている人」と「物心付く前に別れていても血族は識別できると信じている人」が苦手である。正直言うと気味が悪い。ビジネス上の都合があれば我慢するが、そうでなければ敬して遠ざかる。
私は物心ついたときから「死後の世界の存在」も「物心付く前に別れていても血族は識別できること」もウソだと両親から教わってきている。
更に高校時代に大好きだった先生から以下の話を聞かされ、両親によって植え付けられた私の信念は確固たるものになった。
**********************
「人は死んだら取りあえず活動を停止した有機化合物になる。脳の活動が停止したら何も認識できん。火葬したら残るのはタダの鉱物や」
「通夜、葬式、何回忌、墓参りは、全部、生きとるもんの気休めか、見栄か、権力誇示のためにやっとるだけや。何を言うても鉱物に認識されるわけがない」

「夫婦、親子、兄弟姉妹が親しいのは長年一緒に暮らすからや。血のつながりなんて関係ない」
「何十年も会ってない肉親を識別するのは不可能や。まして生まれてすぐ別れた親子や、別れてから生まれた弟や妹を認識できるはずがない。不可能やから願望が生まれる。その願望があるから『瞼の母』がいつまでも好かれる。西洋にも同じような小説や芝居がある。同じ願望があるからや」
「何かの理由で肉親であることがわかっても、それから仲良く暮らせるかどうかは別な問題や。別れとる間にそれぞれ自分の価値観が固まるからや」
**********************

だから私は。例の男性が本当の両親を探しているとの報道に特に興味を抱いている。そして「産院での取り違え」について「平太郎独白録 親愛なるアッティクス」で次のようにコメントした。
**********************
長男は、当時日本一巨大とされていた産院で産まれたのですが、当時のIDは足の裏にサインペンで書く番号だけ。まず変声期が過ぎても両親のような低音になりません。髪の毛は両親のような縮れっ毛になりません。シルクヘアで40歳を過ぎても後退しません。そしてオヤジより身長が低いのです。怪しいでしょう。
**********************

1945年までは、日本では妊った妻を置いて戦地に駆り出され戦死するというケースが珍しくなかったのであるが、厳格な「家」制度の社会だったので戦死者の兄弟に独身者がいればその男性と再婚する。そして産婆に口止めし、新しい夫の実子として辻褄が合う日を出生日として届ける。したがって戸籍上も実子になったのである。
戦死者の兄弟ならばまだ血縁関係はある。戦死者が一人息子であれば他家から養子を迎え、子どもの実父に仕立て上げるケースもあった。その場合は血縁関係はないのだが母親以下の関係者が一生隠し通せば何も問題は起こらない。DNA鑑定技術はもちろんないし、血液型の組合せについても一般市民は知らない時代である。家庭の平和が維持される。たとえ母親か誰かが真実をその子どもに明かしたところで実父に会うことは不可能であるから、子どもは諦めて形式上の父親を父親として扱うしかない。
実は私の友人にもっと複雑なケースの男がいた。未婚の子ども、つまり私生児であり、母親が子連れで結婚した形式上の父親は赤の他人だった。そのことを高校生になってから知ったのである。途端にグレ始めた。そこで上記のセンセイが繰り返し説いて聞かせ、最後は育ての父親に感謝するようになった。

例の40代の男性は何を求めて実の父母を探しているのだろうか。自分と取り違えられた本人と会ったら何を言うのか。直接聞いてみたい。

繰り返す。
「何かの理由で肉親であることがわかっても、それから仲良く暮らせるかどうかは別な問題や。別れとる間にそれぞれ自分の価値観が固まるからや」
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-23 16:31

当面の問題

Bushをオチョクった笑い話を続々紹介していますが、実は私は「反Bush」でも「親Bush」でもありません。話が面白いのと、英語の勉強になる場合があるから紹介しているだけです。
彼が何を言おうと何をしようと私の生活に影響はありません。年金が増えるわけでも税金が減るわけでもありません。アメリカの大統領が日本の年金や税金に口を出すわけがありません。

しかし、小泉竹中は私の年金を減らし、税金を増やしました。しかも日本社会における「自由と規律」のバランスを壊しました。だから一応批判しました。
彼らは表舞台から姿を消しましたが、私の年金や税金が元に戻るわけではありません。

安倍クンは政府税調の親玉のクビをすげ替えました。「増税一辺倒」のインチキオヤジから「バランス重視」のセンセイに替えました。

だからといって私の年金や税金が元に戻るわけではありません。

当面の問題は、今晩は日本酒にしようかワインにしようかってとこですね。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-20 16:19

ダンナの方が....

安倍夫人にファーストレディ教育係が付くそうですが、それよりダンナの「滑舌トレーナー」の方が緊急性が高いように思うんですけどね。
私には「核のチョウイ」「チョウイク基本法」としか聞こえないんですよ。
あるいは私の「チョウカク」の問題?
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-19 16:41

大統領の無賃乗車

例の朝日出版社( http://www.asahipress.com/)のMLから、さらに続けてのブッシュ物ですが、今回は前任者夫妻も登場。
**********************
□■ 本日のテーマ:The Bushes and Clintons on a Train
         (ブッシュ、クリントン夫妻、列車の旅)

ブッシュ夫妻とクリントン夫妻が汽車の旅に出ます。クリ
ントンはなんと切符を一枚しか買いません。驚くブッシュ
夫妻にクリントンは「まあ見ていて」と言います。

They all board the train. George and Laura take their
respective seats but Bill and Hillary cram into a toilet
together and close the door.

Shortly after the train has departed, the conductor
comes around collecting tickets.

He knocks on the toilet door and says, "Ticket, please."

The door opens just a crack and a single arm emerges
with a ticket in hand. The conductor takes it and moves on.

The Bushes see this happen and agree it is quite a clever
idea. However, on their way home, the Clintons see that
the Bushes don't buy any tickets at all.

"Aren't you taking a terrible chance by traveling without
a ticket?" says Hillary. "Live and learn," answers Laura
Bush.

When they board the train the Bushes cram themselves
into a toilet and the Clintons cram into another toilet
just down the way.

Shortly after the train leaves the station, George leaves
their toilet and walks over to the Clintons' toilet,
knocks on their door and says, "Ticket, please."

And you're still trying to figure out how the Democrats
lost that election.


★【語句と和訳】

respective 「めいめいの」

cram into ~ 「~にぎゅうぎゅう詰めになって入る」

just a crack 「ほんのちょっと」 crack は「すき間」

emerge 「現れる」

move on 「立ち去る、先へ行く」

live and learn 「まあ、見てて」

just down the way 「すぐ近くの」

figure out how the Democrats lost that election
「あの選挙に民主党がどのようにして負けたのかを解き明かす」

(全員乗車。ジョージ・ブッシュとローラ夫人はそれぞれ
の席に。しかし、ビル・クリントンとヒラリー夫人はぎゅ
うぎゅう詰めになってトイレに入り、ドアを閉めます。

列車が出発して間もなく、車掌が切符を集めにまわって来
ます。トイレのドアをノックし「切符をお願いします」。
ドアがわずかに開き、切符を手にした腕が一本あらわれま
す。車掌は切符を受け取り、去ります。

一部始終を目撃したブッシュ夫妻は、なかなかうまい考え
だと意見が一致します。しかし、帰途、クリントン夫妻が
見ると、ブッシュ夫妻は一枚も切符を買っていません。

「切符なしで乗るなんて、やばくない?」とヒラリーが聞
くと、「まあ、見てらっしゃい」とローラ・ブッシュは答
えます。

列車に乗ると、ブッシュ夫妻はトイレに、クリントン夫妻
はすぐそばの別のトイレにそれぞれ身を押し込みます。

発車するとすぐにジョージ・ブッシュはトイレを出て、ク
リントン夫妻のトイレに歩み寄り、ドアをノックして言い
ます。「チケット拝見」

民主党がこの前の大統領選挙でどのようにして負けたか、
世間はまだ解き明かそうとしています)


★【笑いのポイント】

せこいクリントン夫妻のアイデアを頂戴して、その上を行
くブッシュ夫妻。ここでは珍しく秀才のクリントン夫妻を
ブッシュが出し抜きました。

が、ここで筆者が言いたいのは、先の大統領選挙の開票結
果がフロリダ州でもつれにもつれ、数え直しまでして、結
局ブッシュがかろうじて勝利したのは、民主党陣営の票を
パクッたからだということです。

なお、 ticket には「党の公認候補」の意味があり、大統
領選挙に付きものの言葉です。
**********************
筆者はいつもの宮本倫好(みやもと・のりよし)さんです。
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-10-18 09:16