業界の一部では死んだことになってるそうですが


by Count_Basie_Band
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

テレビの楽しみ方

コメントまで全部お読みいただいているゲストの皆様はご存じでしょうが、私は↓に以下のコメントを書いています。

**********************
なお私は顔見知りではない政治家、芸能人、スポーツ選手その他の有名人には敬称を付けません。敬称を付けないのが有名人に対する礼儀だと信じております。
どこかのTV局みたいに「夏目漱石さん」「井原西鶴さん」といった表現は使いません。
**********************

これに対し、へいたらう様から質問がありました。

**********************
ちなみに、有名人と非有名人の線引きはどこですればいいとお考えでしょうか?
**********************

困りましたね。取りあえず「直感」「主観」と答えておきましたが、芸術家、芸能人、プロスポーツ選手を志し、努力している人たちの究極の目標は報道や批評で肩書敬称なしで扱われることなのです。認識され、特定されることなのです。「お笑いタレントの明石家さんまサン」とは呼びません。「さんま」で通じます。そのレベルが目標なのだと、私のボーカルの先生も言っています。

ところが例のテレビ局の早朝報道番組は「文豪芥川龍之介サン」なのです。さらに局側から出ている連中は「ヤムヲオエナイ」に統一しています。
かつて、この番組のファンたちの掲示板がありました。私は、ここで「敬称が無礼なときもある」と主張し、更にアナウンサーたちの間違いを指摘し続けました。
オーストリーという国の存在を知らないアナウンサーが現れたのもこの番組です。「今はどういう採用試験をやっているのか」と批判したら、その日を以てこの掲示板がなくなりました。

実は私、この会社の最初のテレビ・アナウンサー採用試験を受験したのです。最終のマイクテストで「声のピッチが低すぎる」という理由で不採用になったのですが、その時の筆記試験には西ヨーロッパの白地図に国名を書き込む問題がありました。ソ連時代ですから東を外したのでしょう。とにかくオーストリーを知らなければ筆記で落第のはずですが、いまは容姿の方が重視されるようです。

なお、一部では未だに語り継がれている「イチニチジュウヤマミチ」は別の局の夕方の番組でした。美貌で売り出したアナウンサーが「旧中山道」をこう読んだのです。彼女は間もなくテレビ局を去り、バラエティ・タレントになりました。そして最近は離婚騒動で露出度を高めています。

テレビって、面白いときもあるんですよ。
銀行の「破綻先」「破綻懸念先」ほどではありませんが...
[PR]
by Count_Basie_Band | 2006-09-24 12:02